忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「葉桜の季節に君を想うということ」

5fc69ef0jpeg
「葉桜の季節に君を想うということ」

歌野昌午

私的おすすめ度





内容(「BOOK」データベースより)
ひょんなことから霊感商法事件に巻き込まれた“なんでもやってやろう屋”探偵・成瀬将虎。恋愛あり、活劇ありの物語の行方は?

歌野昌午3連チャン。
この作家にハズレはないだろうと思いつつ読み始めた。
冒頭からどうにもこうにもハードボイルドな感じで進んでいく。
苦手なのに…
霊感商法という悪事にも嫌悪感がたっぷりだし…
恋愛に関してもなんでそういう風にしちゃうかなって。
さて、じゃあこの作品を誰に演じてもらおうかなどと考えていたら…

む、無理!!
これは映像化は無理な作品だったの!!
もうとある一言でそれが判明した時、目からウロコの状態でした。
うははははーーーっ!!
スゲーな歌野昌午!!!
あれも、それも、これも…ああ、そうなのか!!

ビックリさせられ感は今までになかった!!
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[01/05 セツ]
[01/05 セツ]
[01/04 くぼっち。]
[06/05 セツ]
[06/05 セツ]

プロフィール

HN:
セツ
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索

お天気情報

アクセス解析

カウンター