忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「黒い家」

5616a637jpeg
「黒い家」

貴志裕介

私的おすすめ度





出版社/著者からの内容紹介
人はここまで悪になりきれるのか? 人間存在の深部を襲う戦慄の恐怖。巨大なモラルの崩壊に直面する日本。黒い家は来たるべき破局の予兆なのか。人間心理の恐ろしさを極限まで描いたノンストップ巨編。


ちょっと怖い本に手を出してみようかと思って(笑)
貴志裕介…
すぐにはどんな本を書いた人なのかぴんと来なかったが、きっと怖い内容であると確信して借りる。

間違いなかったよ
保険会社に勤める主人公が請求された保険…
保険金殺人を扱ったもの。
お金のために人を殺める…究極な自己中心な考え方の怖さ。
あまりにも恐ろしい犯人に、そんな連続殺人はありえんだろう、あっては困るよ

途中、心理学の難しい言葉が続いて、難し過ぎてどうしよう、もう読むのやめようかとギブアップ寸前のところで大きな事件が起きて一気にのめり込んで行けましたが、ホントにヤバい状況だったわぁ
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ホラーですよね

これ、はんと怖かった!
最初に本読んで、後からDVDで映画観たんですけどね、やっぱり原作のほうが怖かったです
そして面白かったです!

内容で難しい言葉や描写が続くとゲンナリしますよね
あれってきっと作者の自己満足なんだとイジワルな私は思うのです
難しい言葉並び立てて、結局何も残らない本っていっぱいあるし
あ、何も残らないのは私が馬鹿なだけ。。
  • すみか
  • 2008/05/04(Sun)15:36:35
  • 編集

ホラーですよね ~すみかさま

すみかさんも「黒い家」読んでらした!!
常識を超えた人の怖さ…
ブルブル
係わり合いにならないのが最善の策でしょうが…
ところで!
「黒い家」映画になってたんですね!?

知らなかったです。
原作の方が怖いとか…
それでも映画サイトで俳優人の名前を見たらすごい顔ぶれ。
西村雅彦と大竹しのぶ…ひゃーーー怖いっ!!!

そして韓国でもリメイクされているようです。
予告を見ました。
韓国映画の方、エグいかもしれませんねぇ…
  • セツ
  • 2008/05/04(Sun)19:13:02
  • 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[01/05 セツ]
[01/05 セツ]
[01/04 くぼっち。]
[06/05 セツ]
[06/05 セツ]

プロフィール

HN:
セツ
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索

お天気情報

アクセス解析

カウンター