忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

読みました

30a0f14e.jpeg

「鴨川ホルモー」
映画を観てから原作を読んだので映画では端折られたシーンなどが面白かったし、「鴨川六景」も読んだ後だったのでサイドからもイメージが固められてぶれることなく読み終わりました。
登場人物のイメージがしっかり出来ていたのもありますが面白かったです。

小説を映画化。というのは
原作を読むのが先か、映画を観るのが先か…
そして映画化してしまった小説がすべて成功か?という疑問が今までありましたが、鴨川ホルモーに関しましては
「百聞は一見にしかず」という言葉が浮かびました。
映画、ドラマ作りってすげぇなと。
ま、やーまだの存在のせいでたいそう欲目が入った感想になってるかも知れませんがね
映像というもののすごさ!!

そして、鴨川ホルモーを読んだ後で「世界の中心で、愛をさけぶ」の原作本を借りてきて読み直したんですけれど・・・
いや~~見事に忘れているもんですな( ̄∇ ̄;)
一度読んだ本をもう一度読み直すことってホントになかったけど、読み直すことも大事かな…脳のために(--;)
原作とドラマ、サクとアキの出会いからして違うとは・・・原作まったく覚えておりませんでした。
読んで感動したはずなんだが・・・
ドラマの原作を映画のストーリーとごっちゃに勘違いしている感じでした。
映画の方もうろ覚えじゃし。
原作、おじいちゃんは亡くならないし、写真館でもない(苦笑)
なんかショック。
スケちゃんは幼馴染でもないし…

今回の読み直しでそのドラマ、映画も原作から起こすまでの苦労(批判を生まない程度の脚色の仕方)を改めて理解できたように思います。



PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[01/05 セツ]
[01/05 セツ]
[01/04 くぼっち。]
[06/05 セツ]
[06/05 セツ]

プロフィール

HN:
セツ
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索

お天気情報

アクセス解析

カウンター